Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルへ権限を設定、外部送信後も制御できるASPサービス

アイキュエスは、外部に送信したファイルの管理、廃棄を制御できるASPサービス「FinalCode」を6月21日より提供開始する。

同サービスは、外部へ送信したファイルをインターネット経由でアクセス制御できるセキュリティ対策ソリューション。送信側の端末にインストールされたクライアントソフトで認証するため、ファイルへパスワードを個別に設定する必要はなく、ドラッグアンドドロップ操作や送信先の指定により権限を設定できる。

ファイルの提供を受けたユーザーは、専用のソフトウェアをインストールして閲覧するしくみで、編集や保存、印刷、スクリーンショットの撮影などを制御。ファイルオープン時にインターネット経由で権限を確認するため、送信後に権限を変更したり廃棄することが可能で、操作ログを確認できる。

ASPサービスのためサーバの設置は不要。ただしインターネットへの接続環境がない場合は利用できないため注意が必要。利用者の一元管理にも対応しており、10ID利用時の月額料金は10万5000円。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開