Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルへ権限を設定、外部送信後も制御できるASPサービス

アイキュエスは、外部に送信したファイルの管理、廃棄を制御できるASPサービス「FinalCode」を6月21日より提供開始する。

同サービスは、外部へ送信したファイルをインターネット経由でアクセス制御できるセキュリティ対策ソリューション。送信側の端末にインストールされたクライアントソフトで認証するため、ファイルへパスワードを個別に設定する必要はなく、ドラッグアンドドロップ操作や送信先の指定により権限を設定できる。

ファイルの提供を受けたユーザーは、専用のソフトウェアをインストールして閲覧するしくみで、編集や保存、印刷、スクリーンショットの撮影などを制御。ファイルオープン時にインターネット経由で権限を確認するため、送信後に権限を変更したり廃棄することが可能で、操作ログを確認できる。

ASPサービスのためサーバの設置は不要。ただしインターネットへの接続環境がない場合は利用できないため注意が必要。利用者の一元管理にも対応しており、10ID利用時の月額料金は10万5000円。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ