Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MAL_XED-22」の首位続く、「WORM_DOWNAD.AD」は4位へ - トレンド週間ランキング

トレンドマイクロは、6月7日から6月13日までに国内で発見や感染の報告を受けたウイルスの状況をまとめた。

前回に引き続き「MAL_XED-22」が首位となった。同ウイルスは、「TROJ_TDSS」や「TROJ_FAKEAV」などの亜種と見られる検出を示している。2位だった「WORM_DOWNAD.AD」は4位へと後退した。

2位は6月に入って登場した「HTML_ALLAPLE.SML」で「WORM_ALLAPLE」の感染を引き起こすウイルス。同じく6月に登場したばかりのトロイの木馬「TROJ_PIDIEF.WU」が3位で、偽セキュリティ対策ソフト「TROJ_FAKEAV.MAE」を作成する。

そのほか同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(2010年6月7日から2010年6月13日まで)

1位:MAL_XED-22
2位:HTML_ALLAPLE.SML
3位:TROJ_PIDIEF.WU
4位:WORM_DOWNAD.AD
5位:TROJ_OFICLA.AL
5位:MAL_XED-10
5位:MAL_OTORUN2
8位:TROJ_FAKESCANT.F
8位:PE_PATCHED.REM
8位:JS_FAKEAV.ERR
8位:CRYP_MANGLED

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移