Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Check Point、Liquid Machinesの買収で暗号化やアクセス制御分野を強化

イスラエルのCheck Point Software Technologiesは、機密データ保護分野の製品を開発するLiquid Machinesを買収すると発表した。すでに認可は完了しており、近日中に正式な買収契約が締結される予定。

米Liquid Machinesは、アクセス権限の制御や暗号化をはじめ、情報の不正使用や改ざん、流出、窃取などを防止するデータ保護関連技術を開発する企業。チェック・ポイントでは今回の買収を通じてセキュリティ製品群のポートフォリオを強化するのが狙いで、安全なデータ共有などの実現を目指すという。

(Security NEXT - 2010/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を