Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Conficker」やオートラン機能を悪用するマルウェアが依然上位 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが4月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について発表した。

同社がまとめたマルウェアランキングによると、1位は3月と変わらず「Win32/Conficker」だったが、全体に占める割合は9.47%で、前回より後退している。2位も前回と同じく、リムーバブルメディア経由で感染を広げる「INF/Autorun」だった。

3位には、感染したPCから個人情報を盗み出すマルウェアの総称である「Win32/Agent」がランクインした。複数の感染経路を持つため、ウイルス対策ソフトの導入はもちろん、オートラン機能の無効やパッチの適用、不審なリンクをクリックしないなどの対策が重要だとしている。

今回、トップ10下位には変動が見られた。6位には、前回の19位から浮上した「Win32/Packed.FlyStudio.O.Gen」がランクイン。難読化されたFlyStudio実行可能ファイルが検出されたもので、本来すべてに悪意あるコードが含まれているわけではないが、近年は悪意あるコードが含まれる可能性が高くなっていることから、マルウェアとして検出しているという。

(Security NEXT - 2010/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA