Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国でiPad所有者のメールアドレス11万4000件が流出のおそれ

複数の米国メディアは、4月に発売されたAppleの新端末「iPad」所有者のメールアドレス約11万4000が外部へ流出したことを報じている。

報道によれば、Goatse Securityと呼ばれるハッカーグループが米国内のiPad所有者のICCIDを特定。3Gサービスを提供する米AT&Tのサーバに対してiPadになりすましてアクセスし、メールアドレスを取得したという。

すでにサーバの脆弱性は解消されているものの、著名企業の役員やメディア関係者、軍をはじめとする政府関係者など11万4000件のメールアドレスが流出したと見られている。

(Security NEXT - 2010/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社