Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNSでフィッシング対策、テレビやブルーレイにもセキュリティサービスを展開 - シマンテック

シマンテックは、コンシューマー市場向けの販売戦略「Norton Everywhere構想」を発表した。PC以外の機器についてもセキュリティ対策を展開していくとしており、数週間以内に「Norton Smartphone Security for Android Beta」「Norton Connect Beta」「Norton DNS Beta」をリリースする予定。

モバイル向けの戦略として、市場が拡大するスマートフォン向けにサービスを展開する計画で、6月には「Norton Smartphone Security Beta for Android」をリリースる計画。同製品では、デバイス紛失時に遠隔でデバイスをロック、抹消が可能となるほか、マルウェア対策機能や通話ブロック機能などを提供する。

「Norton Connect Beta」についてはすでに公開済みのアプリで、「iPhone」や「iPad」からノートン360のアーカイブデータへアクセスが可能となっている。

また「Norton DNS」では、フィルタ機能などにより、フィッシング対策、マルウェア対策、スパイウェア対策といった危険へ対応するDNS。6月より無償で提供する予定で、ユーザーは自身のDNSを変更することで利用できるという。

「ノートンフォースマートデバイス」では、サービスをブルーレイプレイヤーやテレビ、メディアストリーマー、スマートフォン、ホームセキュリティシステム、デジタルカメラ、ピクチャーフレームなど、ネット接続が可能なデバイスに対しセキュリティサービスを供給する。

(Security NEXT - 2010/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
美容グッズ通販サイトで顧客情報流出のおそれ - 店舗利用者にも影響
SNSの利用ルール啓発で、パスワード提出求める不手際 - 練馬区中学校
取引先情報が登録されたスマホをタクシーで紛失 - i-Plug
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大