Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

突如Gumblar関連ウイルス「MAL_HIFRM」が首位から圏外へ - トレンド週間ランキング

トレンドマイクロは、5月17日から5月23日までに国内で発見や感染報告を受けたウイルスの状況を取りまとめた。

前々回、前回とトップだったGumblar関連ウイルス「MAL_HIFRM」が10位圏外へ姿を消す一方、2位だった「WORM_DOWNAD.AD」が再びトップとなっている。

今回の調査では、2位に5月19日に見つかったばかりの新種のトロイの木馬「TROJ_OFICLA.SM」がランクイン。誤って起動するとダウンローダーである「TROJ_DLOADR.SMVE」を作成、起動してさらなる多重感染へ発展するおそれがある。

3位には、金融機関へアクセスした際のキー入力情報を記録し、外部へ送信する「TROJ_BURNIX.SMF」が入った。また亜種である「TROJ_BUBNIX.SMA」が6位に入っている。そのほか同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(2010年5月17日から2010年5月23日まで)

1位:WORM_DOWNAD.AD
2位:TROJ_OFICLA.SM
3位:TROJ_BURNIX.SMF
3位:MAL_OTORUN2
3位:CRYP_MANGLED
6位:WORM_HAMWEQ.SMC
6位:TROJ_RENOS.BCO
6位:TROJ_BUBNIX.SMA
6位:TROJ_AGENT.AYHA
6位:POSSIBLE_OTORUN8
6位:MAL_OTORUN1
6位:MAL_GUMB-4

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査