Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年分の文書を紛失、顧客の特定できず - 三島信金

三島信用金庫は、片浜支店において、顧客情報含む3種類の書類、あわせて5年分が所在不明になっていることを明らかにした。紛失書類に含まれる顧客の件数などはわかっていない。

所在不明になっているのは、1995年4月から1997年3月までの通帳や届出印の紛失に関わる「喪失届」、をはじめ、1995年4月から1998年3月までの「キャッシュカード喪失届」や「事故届・変更届受付処理簿」などの内部書類。顧客の氏名、住所、電話番号、口座番号、印影、預金残高などの個人情報が含まれる。

いずれも手続きが完了した書類で、含まれている顧客の件数は不明。個人の特定はできないという。書類が外部に持ち出された形跡はなく、関連する問い合わせもないとして、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
識別子などユーザー関連情報がGitHub経由で流出 - LINE Pay
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
解析用委託データに顧客情報、URLや特定操作で混入 - 新生銀行グループ
委託した解析用データに一部会員の「パスワード」 - アプラス
クラウド設定ミスによる顧客情報流出で対象者を特定 - 琉球銀
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所