Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、クラウドにより社外PCのURLフィルタリングを実現する「ISWM SCC」を発売

トレンドマイクロは、社外からのウェブ閲覧を制限するクラウド型の企業向けURLフィルタリングサービス
「Trend Micro InterScan WebManager SCC」を、5月27日より提供開始する。

同サービスは、従業員のウェブ閲覧を制限することで、不正サイトによる被害や掲示板への書き込みによる情報漏洩などを防ぐセキュリティソリューション。「IE 6.0 SP3」以降と「Firefox 3.6」に対応している。

専用サーバの設置は不要で、エージェントをインストールしたクライアントPCから直接クラウドのデータベースを参照してフィルタリングを行うため、社外に持ち出したPCからのウェブ閲覧を制限することができる。

社内にて「Trend Micro InterScan WebManager」を使用している場合は、自動で切り替えることが可能。また部門ごとのルール設定することができる。価格は100から249アカウントの場合、1アカウントあたり年額3570円。

(Security NEXT - 2010/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード