Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩の事前事後サービスを月額料金で提供 - MBSD

三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、情報漏洩の予防や緊急時の対策を包括的に提供する会員向けサービス「VZero+ER」を7月1日より提供開始する。

同サービスは、情報漏洩に関する事前、および事後対策サービスを月額料金で提供するセキュリティソリューション。相談窓口の設置やコンサルティング、情報の提供、ログ保管といった平常時のサービスと、情報漏洩発生時の電話相談、初動対応、メディア対応のアドバイスなど、緊急時の支援サービスを組み合わせて提供する。

7月1日よりネットビジネスやECサイト向けに「ホワイトプラン」「シルバープラン」をそれぞれ15万7500円、21万円で提供する予定。以降も最上位プラントなる「プラチナ」をはじめ、「ゴールドプラン」や、エントリー向けの「ポータルプラン」など追加する計画。

100514ms.jpg
サービスが予定されているプラン。丸印の部分が標準サービスで、灰色部分はオプション。

(Security NEXT - 2010/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント