Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、動画でネットワーク機器の操作を記録する「SHieldWARE NE」

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、機器の操作内容を動画で記録する米NetEnrichのセキュリティ製品「SHieldWARE NE」を発売する。

同製品は、「Windows」や「UNIX」「Linux」などのサーバやネットワーク機器の操作内容を、動画で記録できる仮想アプライアンス製品。「VMware vSphere」上で動作し、各機器へエージェントを導入せずに利用できる。

システムやアプリケーションの操作画面および作業履歴を動画で記録することが可能で、動画は、動きのない時間のスキップや高速再生に対応。SSL-VPN接続により、データセンターなど遠隔地にある機器を管理にも対応する。

また複数のユーザーで特権IDを共有している場合も、ユーザーごとに操作履歴を記録することが可能。価格は、監視対象機器が25台までの場合、432万4950円から。別途ハードウェアや年間保守費用が必要。

(Security NEXT - 2010/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス