Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも

JPCERTコーディネーションセンターは、ログ解析のトレーニング用コンテンツを公開した。GitHubより入手できる。

同コンテンツは、システム管理者やセキュリティ窓口担当者をはじめ、インシデントの分析に関心があるユーザー向けに用意した教材。これまで「Internet Week」にて実施してきた「インシデント対応ハンズオン」が好評だったことから公開した。

実際に確認された標的型攻撃の事例をもとに、「Windows」の「イベントログ」に関する調査手法について解説。典型的な侵入手法で残存するログの痕跡や、それらを得るために必要となる事前設定、ログ調査のポイント、分析手法などを紹介している。

同センターはイベントログについて、デフォルトの設定だとインシデント調査に活用できる情報が少なく、軽視されがちであると指摘。しかし、あらかじめ適切に設定しておくことで、より重要な情報を記録することができるとして、同コンテンツの活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「LogonTracer」に新版、複数ログの管理に対応 - Sigmaルールも利用可能に
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト