Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも

JPCERTコーディネーションセンターは、ログ解析のトレーニング用コンテンツを公開した。GitHubより入手できる。

同コンテンツは、システム管理者やセキュリティ窓口担当者をはじめ、インシデントの分析に関心があるユーザー向けに用意した教材。これまで「Internet Week」にて実施してきた「インシデント対応ハンズオン」が好評だったことから公開した。

実際に確認された標的型攻撃の事例をもとに、「Windows」の「イベントログ」に関する調査手法について解説。典型的な侵入手法で残存するログの痕跡や、それらを得るために必要となる事前設定、ログ調査のポイント、分析手法などを紹介している。

同センターはイベントログについて、デフォルトの設定だとインシデント調査に活用できる情報が少なく、軽視されがちであると指摘。しかし、あらかじめ適切に設定しておくことで、より重要な情報を記録することができるとして、同コンテンツの活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術
組織のセキュリティ対応方針を支援するサービス - サイバーリーズン
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで