Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、5月の更新プログラムは「緊急」2件 - メールクライアントの脆弱性などへ対応

両プログラムともに30日以内に不正プログラムが登場する可能性を示した「悪用可能性指標」は「不安定な悪用コードの可能性」となっており、優先の適用度は3段階中2番目。

実際に考えられる攻撃のシナリオだが、「MS10-030」の場合、不正なメールサーバへユーザーをアクセスさせる必要がある。また「MS10-031」についてもOfficeにおいて実行の許可をユーザーから得る必要がある。

いずれの脆弱性も悪用できる環境を得るためには、より高度な攻撃が成功している状況のため、マイクロソフトのセキュリティレスポンスマネージャである小野寺匠氏によれば、攻撃に用いられることは比較的考えにくいという。

今回「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」も更新されており、偽セキュリティ対策ソフトの拡散に用いされているダウンローダー「Win32/Oficla」に対応している。

(Security NEXT - 2010/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施