Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワールドカップのガイドブックを装い脆弱性を攻撃するPDFが発生 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが3月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について発表した。

同社がまとめたトップ10では、5位までの順位は前回と変わらなかった。1位は「Win32/Conficker」で、全体の10.32%が同ウイルスだった。2位はリムーバブルメディア経由で感染を広げる「INF/Autorun」、3位はオンラインゲームのアカウント情報を盗む「Win32 /PSW.OnLineGames」。上位3種で全体の約4分の1を占めている。

ランキング6位には、25位から浮上した「Win32/Tifaut」が入った。スクリプト言語「Autoit」で作成されたマルウェアで、オートラン機能を悪用してリムーバブルメディア経由で感染を広げる。

このほか、前回85位から10位に順位を上げた「Win32/AutoRun.PSW.OnlineGames」も、オートラン機能を悪用して感染し、オンラインゲームのアカウント情報を盗むタイプだった。いずれも、オートラン機能を無効にすることが有効であるとして、対策の実施を求めている。

(Security NEXT - 2010/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査