Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、英国のフィルタリング事業者と提携 - 外国語コンテンツのURLを拡充

ネットスターは、ヨーロッパを中心にURLフィルタリング製品の開発や販売を手がける英Bloxxと、URLフィルタリング分野で技術提携したと発表した。

今回の技術提携は、今後URLフィルタリング市場が拡大すると予測されるアジア市場への展開を視野に入れ、締結されたもの。ネットスターでは、今回の協業を通じて日本語以外で作成されたサイトのURLリストへの収録数を増強するとしており、国内外パートナー向けの供給を行う計画だという。

(Security NEXT - 2010/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米当局、Linuxカーネルの脆弱性など3件を悪用リストに追加
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
Linuxカーネルに判明した権限昇格の脆弱性 - 詳細やPoCが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
迷惑電話対策サービスに国番号での一括ブロック機能
「Python」のURL解析に脆弱性 - ブロックリスト回避のおそれ
クレカ会社のドメイン、「DMARC」本格運用は1割届かず
自組織サイト内に詐欺ページが設置されていないか確認を - 警察庁が注意喚起
「SLP」に反射攻撃のおそれ、早急にアクセス制限を - 最大2200倍に増幅
「Apache Kylin」にアップデート - 過去の修正がバイパス可能