Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割強の組織でサポート切れOSが稼働 - 「不明」の回答が2割弱も

約4割の企業において、サポートが終了したいわゆる「レガシーOS」が稼働していることがわかった。またこうしたOSが稼働している企業では、未知のウイルスへ感染経験を持つ企業が半数に達したという。

トレンドマイクロが、企業におけるレガシーOSの使用実態に関する調査を行い、結果を取りまとめたもの。3月24日から25日にかけて企業や団体の情報システム担当者を対象にインターネットを通じて実施したもので、有効回答数は412人。

同社によると、組織内で使用しているOSのうち、ベンダーのサポートが終了したOSが1台でも「ある」とした回答者は42.2%。「ない」とする企業も39.3%とほぼ同数だった。さらに18.5%は「不明」と回答している。

未知のウイルスへ感染した経験について尋ねた設問では、レガシーOSを使用していない企業では24.7%が「ある」と回答する一方、レガシーOSをなんらかの形で利用している企業では、50.6%と割合が高かった。

(Security NEXT - 2010/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
Dell TechnologiesからRSAが独立 - 新会社として活動開始
トレンドマイクロをかたる偽メールに注意 - Emotetを添付