Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者の録音アプリ暴走で「radiko」に障害 - アクセス制限実施へ

IPサイマルラジオ協議会は、ラジオサービス「radiko」において、4月20日未明に一部放送へ接続できない障害が発生したと発表した。

同協議会では、インターネット上でパソコン向けにラジオ放送を実施するIPサイマルラジオの実用化試験を行っているが、放送しているTBSラジオへ接続できない状態が発生したもの。原因は特定のアプリケーションにおいて動作がループする状態に陥り、過大なアクセスが発生したためだという。

同協議会では、4月7日にセキュリティの強化として、エリア外で利用できるサービスに対する制限を実施。その際「ラジオの楽しみを広げるアプリを排除することが目的ではない」と、アプリケーション利用に対して一定の理解を示す姿勢を見せている。

しかし、今回の問題について同協議会は、配信障害を引き起こす可能性があり、他利用者へ影響があるとし、アクセス制限を実施したという。

(Security NEXT - 2010/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
ジャニーズ会員制サイトが復旧 - 原因は外部インフラ
図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市
「Jip-Base」の障害、15%でデータ復旧不可能
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す