Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

利用者の録音アプリ暴走で「radiko」に障害 - アクセス制限実施へ

IPサイマルラジオ協議会は、ラジオサービス「radiko」において、4月20日未明に一部放送へ接続できない障害が発生したと発表した。

同協議会では、インターネット上でパソコン向けにラジオ放送を実施するIPサイマルラジオの実用化試験を行っているが、放送しているTBSラジオへ接続できない状態が発生したもの。原因は特定のアプリケーションにおいて動作がループする状態に陥り、過大なアクセスが発生したためだという。

同協議会では、4月7日にセキュリティの強化として、エリア外で利用できるサービスに対する制限を実施。その際「ラジオの楽しみを広げるアプリを排除することが目的ではない」と、アプリケーション利用に対して一定の理解を示す姿勢を見せている。

しかし、今回の問題について同協議会は、配信障害を引き起こす可能性があり、他利用者へ影響があるとし、アクセス制限を実施したという。

(Security NEXT - 2010/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず