Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、ファイアウォール向け最新OSを発表 - アプリの特定機能のみ利用許可も可能に

パロアルトネットワークスは、同社ファイアウォール製品向け最新OS「PAN-OS 3.1」を発表した。保守契約を結んでいるユーザーは、無償でアップグレードできる。

同製品では、利用するアプリケーションやユーザー情報から接続を制御できるファイアウォール。最新OSでは、任意アプリケーションについて、アプリケーション全体だけでなく一部特定機能に限り利用を許可するなど、より柔軟な設定が可能となった。

ユーザーベースの制御では、従来からの「Active Directory」にくわえ「LDAP」との連携を実現。コンテンツによる制御では、日ごと単位の定義ファイル更新を提供し、特定のアプリケーションや脆弱性に対するカスタマイズにも対応する。

またあらたに「JavaScript」や「HTML」のスキャニングが可能となった。さらに最新版では国内から要望が多かったという「PPPoE機能」のサポートやポリシーベースのフォワーディングをサポートしている。

(Security NEXT - 2010/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム