Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、ファイアウォール向け最新OSを発表 - アプリの特定機能のみ利用許可も可能に

パロアルトネットワークスは、同社ファイアウォール製品向け最新OS「PAN-OS 3.1」を発表した。保守契約を結んでいるユーザーは、無償でアップグレードできる。

同製品では、利用するアプリケーションやユーザー情報から接続を制御できるファイアウォール。最新OSでは、任意アプリケーションについて、アプリケーション全体だけでなく一部特定機能に限り利用を許可するなど、より柔軟な設定が可能となった。

ユーザーベースの制御では、従来からの「Active Directory」にくわえ「LDAP」との連携を実現。コンテンツによる制御では、日ごと単位の定義ファイル更新を提供し、特定のアプリケーションや脆弱性に対するカスタマイズにも対応する。

またあらたに「JavaScript」や「HTML」のスキャニングが可能となった。さらに最新版では国内から要望が多かったという「PPPoE機能」のサポートやポリシーベースのフォワーディングをサポートしている。

(Security NEXT - 2010/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5