Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型ウェブフィルタリングソフト「InterSafe CATS」がWindows7に対応

アルプスシステムインテグレーションは、SaaS型ウェブフィルタリングソフトの最新版「InterSafe CATS v2.1」を、5月20日より提供開始する。

同製品は、同社のウェブフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」をSaaS型サービスとして提供するもの。社外PCでインターネットを利用する際、詐欺サイトや悪質サイトへのアクセスをブロックすることで、情報漏洩やウイルス感染などを防ぐ。

また、ファイル共有ソフトやメッセンジャーなどのアプリケーション利用制限も可能。サーバ不要のため初期設備を導入せず利用でき、設定や管理はブラウザ上で行える。最新版では、Windows7に対応した。価格は5ユーザー49ユーザー利用の場合、年額6300円から。

(Security NEXT - 2010/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI