Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows 7に対応した暗号化製品「CompuSec」の最新版

キヤノンITソリューションズは、シンガポールのCE-infosysが開発する暗号化製品「CompuSec」の最新版を4月23日に発売する。

同製品は、OSを含むハードディスク全体を暗号化できるセキュリティ対策製品。Windowsへのシングルサインオンやリムーバブルメディアの暗号化へ対応しているほか、ファイル単位の暗号化や仮想暗号化ドライブの作成に対応している。

ラインナップには、デバイス認証に対応した「CompuSec Pro Ver.4.30」とソフトウェアによる認証を行う「CompuSec SW Ver.5.2」を用意。これら最新版ではマイクロソフトの最新OS「Windows 7」に対応した。

同社では、企業向けのライセンス製品やダウンロード製品を対象としたキャンペーンを4月23日から7月30日まで実施し、先着7000ライセンスについて特別価格で提供する。

100408ci.jpg

(Security NEXT - 2010/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ