Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市内保健福祉センターで生活保護関係書類を誤送付、書類紛失など複数事故も公表 - 大阪市

さらに同市では、これ以外にも住之江区保健福祉センターの保健師によるレントゲンフィルムの紛失が判明している

同保健師が前職で淀川区保健福祉センターにて受診者から預かり、返却し忘れていたレントゲンフィルム2人分に気が付き、返却のために3月25日に自宅へ持ち出したが、交通機関へ置き忘れたという。

また死亡や転出時の介護保険料の変更に関する決定通知書2件を生野区保健福祉センターが誤送付した問題や浪速区保健福祉センターで発生した母子管理票関連書類の紛失など同市では発表している。

(Security NEXT - 2010/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府