Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部カラー複合機のファックス同報送信で使用法により情報流出の可能性 - 沖データ

沖データは、一部のカラー複合機におけるファックスの同報送信で、使用方法によっては誤って送信先の個人情報などが流出する可能性があるとして、対処法をアナウンスしている。

対象となるのは、同社のカラー複合機「MC860dn/MC860dtn」および「C3530MFP」。ファックスドライバを使用して標準設定のまま複数の宛先に同報送信した場合、すべての送信先名と送信先ファックス番号が記載された送付状を追加し、一緒に送信してしまうという。ただし、本体からファックス送信した場合は、送付状は追加されない。

同社では、個人情報保護への配慮が甘かったとして謝罪し、送付状を付加しない設定を標準としたファックスドライバのダウンロードやCD-ROMを配布している。またドライバの設定状態を確認したり、変更する方法についてもあわせてサイト上で紹介している。

(Security NEXT - 2010/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業