Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会とISPが協力、フィッシング閉鎖サイトで警告表示

フィッシング対策協議会は、閉鎖したフィッシング詐欺サイトへアクセスしたユーザーに対し、警告ページを表示する教育プログラムを開始した。

フィッシング対策協議会や日本インターネットプロバイダー協会、同協会員ISPと協力し、米Anti-Phishing Working Group(APWG)が展開するプログラム「Phishing Education Landing Page Program」へ参加したもの。

同プログラムでは、閉鎖したフィッシングページへアクセスしたユーザーを「フクロウ先生のフィッシング警告ページ」へ転送。利用者に対して危険なサイトへアクセスしたことを警告するとともに、フィッシング詐欺サイトの見分け方や、インターネット利用時に注意すべきポイントなどを紹介する。

100318.jpg

(Security NEXT - 2010/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」