Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

互換性チェック機能を追加して「MS10-015」の自動配信を再開 - MS

マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラム「MS10-015」において、適用したユーザーの一部で不具合が発生していたことから自動配信を停止していたが、対策を講じた上で自動配信を再開した。

32ビット版のWindowsにおいてマルウェア「Alureon」へ感染するなど、システムが改ざんされた状態で同プログラムを適用した場合、ブルースクリーンが表示される不具合が報告されていたことから、自動配信を停止していたもの。

配布が再開されたプログラムについては、適用上の互換性を確認したうえで配信、問題があるシステムではエラーを表示し、適用されることはないという。

2010年2月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
ジャニーズ会員制サイトが復旧 - 原因は外部インフラ
図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市
「Jip-Base」の障害、15%でデータ復旧不可能
自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」、復旧目処立たず
自治体向けクラウド基盤で障害 - 9日の復旧目指す