Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

互換性チェック機能を追加して「MS10-015」の自動配信を再開 - MS

マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラム「MS10-015」において、適用したユーザーの一部で不具合が発生していたことから自動配信を停止していたが、対策を講じた上で自動配信を再開した。

32ビット版のWindowsにおいてマルウェア「Alureon」へ感染するなど、システムが改ざんされた状態で同プログラムを適用した場合、ブルースクリーンが表示される不具合が報告されていたことから、自動配信を停止していたもの。

配布が再開されたプログラムについては、適用上の互換性を確認したうえで配信、問題があるシステムではエラーを表示し、適用されることはないという。

2010年2月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ