Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Teradataデータベース」でカラム単位の暗号化製品を発売

日本テラデータは、「Teradataデータベース」で利用できる米Protegrityの暗号化ソフト「Protegrity DPS」を発売した。

同製品は、「Teradataデータベース」においてカラム単位の暗号化を実現するセキュリティ対策製品。管理ツールで設定したセキュリティポリシーに基づき、データ操作や閲覧を制限。データベース管理者権限とセキュリティ管理者権限をわけて管理できる。

同社は販売にあたり、Protegrityの販売代理店であるMONETの支援を受ける。価格は、Teradata SMPサーバの単一ノード向け最小構成ライセンスで1020万6000円。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX