Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リモート管理が容易になったWindowsサーバ向けセキュリティ対策ソフト - エフセキュア

エフセキュアは、Windowsサーバ用のセキュリティ対策ソフトの最新版「エフセキュアアンチウイルス WindowsサーバVer.9.00」を発売した。

同製品は、ウイルスやスパイウェア、ルートキット対策を提供するセキュリティ対策製品。最新版では、スキャンエンジンを変更し、検出率の向上を目指したほか、プロセスの最適化を実施。起動時間やスキャン時間を短縮し、CPUやメモリの使用量を抑えた。インタフェースをブラウザへ変更しており、リモートから設定変更やウイルススキャンが行える。

「Windows Server 2008 R2」や「Windows Server 2008 Core」「Citrix XenApp 5.0」「Citrix Presentation Server 4.5」などサポートするシステムを拡大した。

100210fs.jpg

(Security NEXT - 2010/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス