Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、メールセキュリティアプライアンスの上位製品をリリース

HDEは、メールセキュリティアプライアンスの上位モデル「tapirus Mi2000」を2月26日より発売する。

同製品は、同社が開発した迷惑メール対策ソフトウェア「HDE Anti-Spam」と同等のエンジンによるスパム対策機能にくわえ、ウイルス対策にエフセキュアのエンジンを採用したメールセキュリティアプライアンス。

従来より提供している「tapirus Mi1000」の上位製品にあたり、パフォーマンスの向上や障害対策機能を強化。CPUに「Intel Xeon X3440」を搭載したほか、4Gバイトのメモリ、160GバイトでRAID構成のハードディスクを搭載した。価格は79万8000円で、次年度以降は29万4000円のサポート更新費用が必要。

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら