Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車検証写し50枚など保存した顧客のUSBメモリを紛失 - ヤマダ電機

ヤマダ電機テックランド札幌本店において、修理のため顧客から預かったUSBメモリを紛失していたことがわかった。

パソコンに挿入しても認識されないとして、顧客が修理目的で同店に持ち込んだUSBメモリが、所在が不明になっているもの。顧客によると同USBメモリ内へ車検証の写し約50枚分、見積書および請求書それぞれ約10枚分のデータが保存されていたという。

同店で預かった後に紛失が判明したもので、捜索を行っているが発見されていない。同社によれば、顧客から預かった品物の管理ルールが守られていなかったという。同社では経済産業省へ事故を報告した。

同USBメモリはパソコンに挿入しても認識されない状態のため、内部のデータが流出する可能性は極めて低いと同社では説明している。

(Security NEXT - 2010/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
貯金者情報1.7万件含む資料をネット上に誤公開 - JA横浜
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀