Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車検証写し50枚など保存した顧客のUSBメモリを紛失 - ヤマダ電機

ヤマダ電機テックランド札幌本店において、修理のため顧客から預かったUSBメモリを紛失していたことがわかった。

パソコンに挿入しても認識されないとして、顧客が修理目的で同店に持ち込んだUSBメモリが、所在が不明になっているもの。顧客によると同USBメモリ内へ車検証の写し約50枚分、見積書および請求書それぞれ約10枚分のデータが保存されていたという。

同店で預かった後に紛失が判明したもので、捜索を行っているが発見されていない。同社によれば、顧客から預かった品物の管理ルールが守られていなかったという。同社では経済産業省へ事故を報告した。

同USBメモリはパソコンに挿入しても認識されない状態のため、内部のデータが流出する可能性は極めて低いと同社では説明している。

(Security NEXT - 2010/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IR情報の配信委託先から投資家や顧客のメアドが流出 - 丹青社
マルウェア感染を否定、ハード故障が原因と訂正 - 泉北高速鉄道
職員が帰宅途中にPC紛失、暗号化や顔認証など対策済み - 千葉県
顧客情報記載の一部帳票が所在不明に - 都内トヨタディーラー
ランサム被害、ネットスーパー会員情報が流出した可能性 - 近商ストア
トレカ抽選で個人情報を誤表示、キャッシュ設定不備で - テイツー
プレミアム付き商品券の発行事業でメール誤送信 - 唐津市
弁当宅配の委託先が納品確認書一覧を紛失 - 目黒区
子会社コンビニPCから従業員情報流出の可能性 - 泉北高速鉄道
5店舗で顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄が判明 - 島田掛川信金