Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含むUSBメモリを校内で紛失 - 岐阜の県立高校

岐阜県は、県立高校の教諭が生徒の個人情報や成績情報含むUSBメモリを校内で紛失していたことを明らかにした。

所在が不明になっているUSBメモリ2本には、生徒72人分の成績情報、および38人分の個人情報などが含まれていた。いずれも、パスワードなどセキュリティ対策は講じられていないという。

教師は、紛失した当日、USBメモリを筆入れに入れて保管。離席したり、筆入れ持参で校内の会議に参加などしていたが、18時ごろ筆入れのなかに入っていないことへ気がついた。

同校では、警察に遺失届を提出。対象となる生徒および保護者に説明と謝罪の文書を配布する。

(Security NEXT - 2009/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
個人情報含むUSBメモリを紛失、拾得され発覚 - 近畿大工業高専
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明に - 茨城東病院
患者情報含むUSBメモリが手術室で所在不明に - 大館市立総合病院
患者情報入りUSBメモリを一時紛失 - レンタカー内部で発見
医療相談情報含むUSBメモリを院内で紛失 - 射水市民病院
委託先が患者情報を紛失、防犯カメラに誤廃棄時の映像 - 頴田病院
学生情報や研究データ含むUSBメモリを紛失 - 日本赤十字豊田看護大