Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ設定を確認できる無償ツール - 手始めは「オートラン機能」

情報処理推進機構(IPA)は、Windowsのセキュリティ設定項目を確認できる「MyJVNセキュリティ設定チェッカ」を公開した。

同ソフトは、ウイルスの感染に悪用されることが多い「USBメモリの自動実行機能」など、Windowsのセキュリティ設定を確認できる無償ツール。対応OSは、「Windows XP SP2」「同SP3」および「Vista」。動作には「Internet Explorer 6」「同7」あるいは「Firefox 3」と「JRE」が必要。

今回提供を開始したバージョンにおいてチェックできるのは、「USBメモリ自動実行に関するパッチの適用」と「USBメモリ自動実行機能の無効化設定」の2項目。今後は、パスワードの最低文字数やパスワードの有効期間、スクリーンセーバーの自動実行などのチェック機能を順次追加していく予定。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら