Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のSQLインジェクションは4万4090件 - ラックまとめ

ラックは、同社が運用するセキュリティ監視センター「JSOC」で検知したSQLインジェクション攻撃の状況を公表した。

SQLインジェクション攻撃の検知数は、4万4090件。2008年12月に1502万7791件のピークを記録し、翌月の2009年1月にも150万8852件を記録するなど攻撃が目立った。

しかし、3月に28万5548件を記録した以降は減少し、6月以降は4万件から6万件前後で推移するなど小康状態となっている。

(Security NEXT - 2009/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
レンサバで運営されるウェブへの攻撃、約半数が「SQLi」
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
2018年4Qの脆弱性届出は93件 - 「ソフト」「サイト」ともに大幅減
約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超