Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共存型の無料セキュリティ対策ソフト「gred AntiVirusアクセラレータ」のひみつに迫る

セキュアブレインが、セキュリティ対策ソフト「gred AntiVirusアクセラレータ」をリリースした。他セキュリティ対策ソフトと共存し、よりセキュアな環境をユーザーに提供することへ主眼をおいたあたらしいコンセプトのソフトだ。

091201sb2.jpg
「gred AntiVirusアクセラレータ」のインタフェース

同ソフトは、米Immunetが開発する「Immunet Protect」を日本語化したもの。利用者から収集するウイルス情報などを集約し、クラウド上で検知する。メジャーなセキュリティ対策ソフトに対応を表明しており、利用者がインストールしている他セキュリティ対策ソフトの検知情報を集約することも特徴のひとつだ。

しかし、あたらしいコンセプトの製品だけに疑問も多い。ソフトの具体的なしくみについて、同社業務推進室でプロダクトマネージャを務める藤盛秀憲氏に詳しい話を聞いた。

(Security NEXT - 2009/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
共用オフィスのセキュリティ要件ガイドで新版 - SIOTP協議会
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
Windows向け「ウイルスバスタークラウド」にコードインジェクションの脆弱性