Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アビラ、コンシューマー向けセキュリティ対策3種をリリース - 無料版も用意

アビラは、コンシューマー向けWindows用セキュリティ対策ソフトの日本語版を提供開始した。

今回同社が発売したのは、無料バージョン「アビラアンチヴィア・パーソナル」をはじめ3種類。独Aviraは20年以上の歴史があるセキュリティベンダーだが、日本語版の提供は今回がはじめて。

「アビラアンチヴィア・パーソナル」では、ウイルスやスパイウェア対策など基本的な機能を提供。またウェブ経由の攻撃を防御する「Webガード」機能や、マルウェアのダウンロード防止、メールのスキャン機能などを追加した上位版「アビラアンチヴィア・プレミアム(3500円)」を用意。

さらにファイアウォール機能や、ペアレンタルコントロールのほか、バックアップ機能などを追加した統合製品「アビラプレミアム・セキュリティスイート(5000円)」を提供する。

オンラインで販売するほか、無料版は同社ウェブサイト上よりダウンロードすることが可能。

(Security NEXT - 2009/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス