Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含む詩集出版で教諭を懲戒処分 - 埼玉県

埼玉県教育委員会は、以前教えていた生徒の個人情報が掲載された詩集を出版したとして、県立上尾高等学校の教諭に対し懲戒処分を行った。

問題となったのは、2009年6月25日に同教諭が出版した詩集。同県教委の発表によれば、本人の同意がないまま、同教諭が1973年から1978年まで在職していた県立松山高等学校定時制課程の生徒18人や、2002年から在職している同校定時制課程の生徒22人に関する個人情報の記載があったという。

教育委員会ではこれを受け、11月24日付けで同教諭を減給10分の1、1カ月の懲戒処分とした。

(Security NEXT - 2009/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
児童相談に関するICレコーダー紛失、1年以上未報告 - 紋別市
個人情報含むUSBメモリを紛失、拾得され発覚 - 近畿大工業高専
臨時IDカードで知人住所を取得、待ち伏せ職員を処分 - 仙台市
支援関連の契約書や重説を紛失、誤廃棄か - 広島市こども療育センター
子会社従業員が顧客の個人情報をSNSに投稿 - ダイナックHD
救急車出動先を知人にLINE送信、職員を懲戒処分 - 明石市
生活保護受給で不適切な事務処理、職員を処分 - 札幌市
臨床研究で患者データ漏洩、オーサーシップ問題から発覚 - 順天堂大
教諭が同僚の信用失墜を目的に情報漏洩 - 金銭私的流用から発覚