Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学級児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪の市立小学校

大阪市立南津守小学校の教諭が、特別支援学級に在籍する児童の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失していたことがわかった。

所在が不明になっているUSBメモリには、「特別支援教育課程に関する内容」16人分、および「個別の支援計画」15人分、通知票の所見9人分など業務関連資料が保存されていた。特別支援学級在籍児童および卒業生の氏名、性別、学年、障害の状況など個人情報が含まれる。

同市によると、同教諭はUSBメモリは10月23日に鞄に入れてから使用しておらず、11月9日に紛失に気付いたという。近辺を探したものの見つからず、11日に学校へ報告した。同校では対象となる児童の家庭訪問を実施して、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道