Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学級児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪の市立小学校

大阪市立南津守小学校の教諭が、特別支援学級に在籍する児童の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失していたことがわかった。

所在が不明になっているUSBメモリには、「特別支援教育課程に関する内容」16人分、および「個別の支援計画」15人分、通知票の所見9人分など業務関連資料が保存されていた。特別支援学級在籍児童および卒業生の氏名、性別、学年、障害の状況など個人情報が含まれる。

同市によると、同教諭はUSBメモリは10月23日に鞄に入れてから使用しておらず、11月9日に紛失に気付いたという。近辺を探したものの見つからず、11日に学校へ報告した。同校では対象となる児童の家庭訪問を実施して、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
児童情報含む教諭の私物USBメモリが所在不明に - 北九州市小学校
小学校で通知表所見データ含むUSBメモリを紛失 - 仙台市
個人情報や学士入試問題草稿など含むUSBメモリを紛失 - 東大