Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド活用の家庭向け無償セキュリティ対策ソフトが正式版に

Panda Securityは、5月よりベータ版として提供していた無償セキュリティ対策サービス「Panda Cloud Antivirus」を正式版へ移行した。

同サービスは、コンシューマー向けにウイルスやスパイウェア対策を提供する無料セキュリティ対策サービス。クラウド技術によりユーザーからマルウェア情報を収集、ローカル環境で定義ファイルを利用せず、ローカル上の複数検出技術とネットワーク経由によるスキャンニングでマルウェアに対抗する。

コンシューマー向けに5月よりベータ版として提供し、試験運用を進めてきたが、今回6カ月が経過したことから正式版へ移行した。

また正式版のリリースにあわせ、インタフェースの改善や、CPUやメモリ消費の低減、リアルタイムのマルウェア情報を収集など機能を強化している。現在、11カ国語に対応しているが日本語は未対応で、今後対応する予定。

(Security NEXT - 2009/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?