Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリング対象は約2億4千万件超、毎月400万件のペースで増加中 - ネットスターがDBを強化

セキュリティベンダーや携帯電話キャリアへフィルタリング用データベースを提供しているネットスターは、ウェブフィルタリング用のマスターデータベースシステムを拡張し、1月より提供を開始する。

今回のシステム強化は、セキュリティ上危険なウェブサイトや、いわゆる「有害サイト」の急増へ対応するもの。同社によれば、フィルタリングの対象となるウェブサイトの登録数は、すでに2億4000万件を越えており、毎月約400万件のペースで拡大しているという。

対応できる処理件数など、今回の具体的な増強の規模は明らかにされていないが、同社の説明によると、構造の変更を含む今回の拡張で、データベース上で処理可能な件数は従来比10倍以上となり、データ配信における可用性や処理速度の向上、配信間隔の短縮など行われる。

同社では、データベースシステムの拡大に合わせ、フィルタリングについて一般利用者が理解しやすいよう、カテゴリの分類基準についても見直しを実施する。データベースの拡張によるユーザーへの影響はないが、カテゴリの見直しについては、一部でフィルタリング結果が変わる場合があるとしている。

(Security NEXT - 2009/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ