Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チャットで個人情報聞き出すあらたなフィッシング手口見つかる

RSAセキュリティは、メディア向けの説明会において海外で発生したチャットを利用するあらたなフィッシング攻撃の手口について報告した。同社ではチャットを介した攻撃であることから「チャットインザミドル(CITM)」と名付けている。

この攻撃手法では、従来同様フィッシングサイトに誘導して個人情報の詐取などを行うが、さらにIMのインタフェースをブラウザ上から立ち上げ、チャットを通じてリアルタイムに個人情報を入力させるなどソーシャルエンジニアリングの色合いが強い攻撃だという。

攻撃には、オープンソースのIM「Jabber」を悪用しており、サーバには、Fast-flux型のボットネットを利用することでIPが切り替わり、閉鎖などが難しいという。

091030rs.jpg
チャットにより情報を聞き出すという

現時点で攻撃は1件しか確認されておらず、発生したのも海外だった。海外ではチャットを利用したサポートサービスなども行われていることから、あらたなフィッシング手法として、同社では今後の攻撃の増加に警戒している。

同社マーケティング統括本部本部長の宮園充氏は、国内ではチャットによる企業のサポートサービスは、コンシューマーにとって比較的なじみが少なく、攻撃が拡大する可能性は少ないとしながらも、金融機関などサイト運営者は、アカウント情報を顧客へ問い合わせないことが重要であるとして注意を呼びかけている。

091030rs4.jpg
説明を行った宮園氏

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
クラウドサービスの請求額通知などを偽装するフィッシングに注意
「PayPayカード」の利用通知に見せかけた詐欺メールに警戒を
「OCN」装うフィッシング - 正規キャッシュレスサイトで金銭詐取も
「ビューカード」のフィッシング - 2種類の偽ログインページを用意
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング