Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSL VPNアプライアンス向けに最新ファームウェアを公開 - ソニックウォール

ソニックウォールは、中小企業向けSSL VPNアプライアンス「SSL VPN 2000/4000」の最新ファームウェアを提供開始した。保守契約中の既存ユーザーは、無償でダウンロードして利用することができる。

最新ファームウェアの「バージョン3.5」では、インターフェースやルーティングなどIPv6へ対応したほか、リバースプロキシに対応するアプリケーションを拡張し、SharePoint 3.0」「Lotus Domino Web-Access 7.0」に対応した。

またクライアントPCにおけるアプリケーションによる接続をサポートさせるための同社の独自ツール「NetExtender」を「Windows Mobile」に対応させた。またバーチャルアシスト機能がMac OSに対応している。

(Security NEXT - 2009/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「WS 2008」のセキュリティ診断付きAzure移行支援サービス
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI