Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

固有IDにより複製情報を含め一元管理する新技術 - 東芝ソリューション

東芝ソリューションは、複製された情報に固有のIDを付与して一元管理する新技術「inforester」を開発した。

同技術は、原本から複製した電子情報や文書、外部記憶メディアなどに固有の管理IDを付与して一元管理し、情報の所在追跡やライフサイクル制御を実現するもの。電子情報には専用の複製データ保護書式の中に管理IDを格納し、紙や外部メディアには二次元コード、RFID、透かし技術によりIDを付与する。

また複製や廃棄、閲覧などの実行権限などセキュリティ規則として設定可能。複製したデータにも原本から自動継承される。規則に違反した行為が実行された場合に取扱者に警告を行うことも可能。電子データについては、暗号化や改ざん検出機能も搭載しており、情報の不正利用を未然に防げる。

(Security NEXT - 2009/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック