Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベース監査ツール向けにSQLインジェクション検知用テンプレート - アクアシステムズ

アクアシステムズは、データベース監査ツール「AUDIT MASTER」向けのテンプレート「情報漏えい対策 - SQLインジェクション編」を公開した。

「AUDIT MASTER」は、データベースの操作ログを保存し、不正操作の検知や追跡が行える監査ソリューション。同社では、要望が多い汎用的なパターンをまとめた「対応ケース別監査ログレポートテンプレート」をユーザーへ提供しており、今回SQLインジェクション対策用のテンプレートを用意した。

テンプレートには、ログの画面参照と違反のアラートを実行する条件設定など含まれており、レポートによる定期モニタリングや不審な操作ログの検知、追跡に活用できる。

(Security NEXT - 2009/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS