Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外貨普通預金取引に一時不具合 - イーバンク銀行

イーバンク銀行は、10月19日9時過ぎに約40分にわたり外貨普通預金の取引ができない障害が発生したと発表した。

同行によれば、不具合は復旧しているものの、引き続き取引しにくい状態が発生する可能性があるという。

同行では、為替レートの大幅な変動やシステムに不具合があった場合に取引成立へ影響がある可能性があることや、取引が成立しにくい状況が継続する場合に一時停止することがあるとして、預金者へアナウンスを行っている。

イーバンク銀行
http://www.ebank.co.jp/

(Security NEXT - 2009/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
決済サービス「d払い」などで「3Dセキュア」が一時利用不能に
「e-Tax」の接続障害、原因はDB処理のパフォーマンス低下
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
みずほ銀でシステム障害 - 一時店頭で取引できず
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因