Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外貨普通預金取引に一時不具合 - イーバンク銀行

イーバンク銀行は、10月19日9時過ぎに約40分にわたり外貨普通預金の取引ができない障害が発生したと発表した。

同行によれば、不具合は復旧しているものの、引き続き取引しにくい状態が発生する可能性があるという。

同行では、為替レートの大幅な変動やシステムに不具合があった場合に取引成立へ影響がある可能性があることや、取引が成立しにくい状況が継続する場合に一時停止することがあるとして、預金者へアナウンスを行っている。

イーバンク銀行
http://www.ebank.co.jp/

(Security NEXT - 2009/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
一部5G回線で一時ネットを利用しづらい状態に - NTTドコモ
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信
決済サービス「d払い」などで「3Dセキュア」が一時利用不能に