Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイトの改ざん、半数弱は対応に1週間以上

ウイルスなどが感染するよう改ざんされた正規サイトの半数弱が、修正に1週間以上要していたことがG Data Softwareの調査でわかった。

マルウェアが発見された100サイトの管理者を対象に同社が調査を実施したもの。55%のサイトでは1週間以内に対応が行われたが、20%は1週間から2週間、さらに20%が3週から4週間を要しており、5%については未対応だったという。

091015gd.jpg

同社ではこうした被害を招く原因として、脆弱なパスワードや入力フォームの利用、セキュリティホールの放置をなど指摘。アップデートの適用やウイルス対策ソフトの活用、被害に遭った際の迅速なパスワード変更、利用していない古いバージョンのソフトウェアを削除することなど、サイト管理者へ対策を呼びかけている。

G DATA Software
http://www.gdata.co.jp/

(Security NEXT - 2009/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
通信資格講座の「合格者の声」に匿名希望者の氏名