Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムアンドサービス、不正PCの接続防止ソリューション - 基本的な設定のみで利用可能

日立システムアンドサービスは、ネットワークへ不正PCの接続を防止するセキュリティソリューション「オープンネット・ガード@D」を10月15日より発売する。

同製品は、接続を許可していない端末をMACアドレスで検知し、遮断することで不正接続を防止するソフトウェア「オープンネット・ガード」を、Linuxサーバへプリインストールしたセキュリティソリューション。

搭載機能を不正接続検知遮断機能とMAC認証DHCP機能に限定しており、IPアドレスなど基本的な項目を設定するだけで利用できる。登録できるMACアドレス数は3000、接続PCの台数は約1000台までで、価格は58万円。初年度の保守費用も含まれる。

(Security NEXT - 2009/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル