Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

道ですれ違いざまに拡散する不正プログラム

ドラゴンクエストシリーズといえば、国内屈指の有名ロールプレイングゲームだ。なかでも1988年に発売された「ドラゴンクエストIII」は、その人気ゆえに極度な品薄状態となり、子どもから脅し取る事件が発生するなど社会現象にまで発展した。

今も人気は衰えておらず、シリーズ最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」が、7月はじめに携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」向けに発売されている。同作品も発売からわずか2カ月ちょっとで400万本を突破するなどベストセラーとなっている。

シリーズ開始当初は、データの書き換えができないロムカセットだった。その後大きく進化し、最新作では、端末に用意された無線通信機能などを発展している。無線機能を利用し、付近のユーザー同士がデータを気軽に交換できる「すれちがい通信」機能が話題で、最近ではテレビCMの放映も行われている。

しかし、こうしたゲーム機の進化の裏で、セキュリティの問題へ直面している。無線通信を通じて不正なデータが端末内部に侵入し、誤ってユーザーがデータへアクセスすると、ゲームの動作へ影響を及ぼすというのだ。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場