Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

道ですれ違いざまに拡散する不正プログラム

ドラゴンクエストシリーズといえば、国内屈指の有名ロールプレイングゲームだ。なかでも1988年に発売された「ドラゴンクエストIII」は、その人気ゆえに極度な品薄状態となり、子どもから脅し取る事件が発生するなど社会現象にまで発展した。

今も人気は衰えておらず、シリーズ最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」が、7月はじめに携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」向けに発売されている。同作品も発売からわずか2カ月ちょっとで400万本を突破するなどベストセラーとなっている。

シリーズ開始当初は、データの書き換えができないロムカセットだった。その後大きく進化し、最新作では、端末に用意された無線通信機能などを発展している。無線機能を利用し、付近のユーザー同士がデータを気軽に交換できる「すれちがい通信」機能が話題で、最近ではテレビCMの放映も行われている。

しかし、こうしたゲーム機の進化の裏で、セキュリティの問題へ直面している。無線通信を通じて不正なデータが端末内部に侵入し、誤ってユーザーがデータへアクセスすると、ゲームの動作へ影響を及ぼすというのだ。

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタル署名検証ガイドラインを公開 - JNSA
調剤済み処方箋や調剤録が所在不明 - 松戸市の調剤薬局
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
改ざんで「偽reCAPTCHA」表示、外部サイトへ誘導 - ゲーム情報サイト
白泉社でサイト改ざん、悪意ある外部サイトへ誘導
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開