Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザ仮想化機能を搭載した「Check Point Endpoint Security」最新版 - NECソフト

NECソフトとNECは、クライアントPC向け統合セキュリティソフトの最新版「Check Point Endpoint Security(R72)」を、10月6日より販売開始する。

同製品は、イスラエルCheck Point Software Technologiesが開発したエンドポイント用セキュリティ対策ソフト。ファイアウォールやウイルス対策をはじめ、プログラムやアクセスの制御、リモートアクセス、ハードディスクやメディアの暗号化、ポート制御など複数のセキュリティ機能を提供する。

今回の最新版ではブラウザセキュリティを強化。独自のブラウザ仮想化技術により、ウェブやブラウザを介した脅威を防ぐ。また未知のウイルスに対応するヒューリスティック検知や、マルウェア配布サイトの検出機能、シグネチャベースのアンチフィッシング機能も搭載している。

また、認証連携機能を強化。OS起動前認証により、WindowsのログオンやVPN、リムーバブルメディアに対する認証の連携が可能となり、安全性を損なうことなく利便性の向上を実現した。このほか、VPNクライアントの強化や対応言語の追加、Windows Vista 64ビット版への対応などが行われた。

(Security NEXT - 2009/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム