Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被疑者の個人情報が記載された文書を民間企業へ誤送信 - 東京弁護士会

東京弁護士会は、被疑者の個人情報が記載された文書を担当弁護士へファックス送信する際、番号の入力ミスにより誤って部外者へ送信したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同会から当番弁護士の出動を求める「当番弁護士配てん連絡票」。被疑者の氏名、在監場所、被疑罪名が記載されていた。8月27日、同会から担当弁護士へファックス送信した際、番号の入力ミスにより誤って都内の民間企業へ送られたという。

その後文書を受信した企業からの連絡があり回収。同会では関係者に対して謝罪した。今後はファックスを送信する際は指差し点検や番号読み上げの実施、番号登録機能の活用などにより再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2009/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
新型コロナ感染症発生届のファックスを誤送信 - 名古屋市
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市
感染症患者情報をファックスで誤送信 - 大阪府
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
コロナ患者情報を個人宅へ誤ファックス - 西宮市
工務店マッチングサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性