Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学習塾講師の応募者情報が流出の可能性 - MAXISホールディングス

学習塾「明光義塾」を運営するMAXISホールディングスは、講師公募者の個人情報がインターネット上から流出した可能性があると発表した。

応募者が別の応募者情報について閲覧できる状態だったもの。同社によれば2006年11月から2009年8月17日まで氏名、学校名、電話番号、メールアドレスなど最大453人分の個人情報が閲覧可能だったという。

同社が講師を募集したウェブサイトの設定に不備が原因で、個人情報流出による被害などの報告はないと説明している。

(Security NEXT - 2009/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
厚生省で行政文書の誤廃棄が発生 - 情報流出なく業務への支障もなし
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か