Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5年間の長期レポートに対応した「LanScope Cat6」最新版

エムオーテックスは、長期レポート機能をあらたに搭載したネットワークセキュリティツールの最新版「LanScope Cat6 Ver 6.3.0.0」を、9月28日より発売する。

同製品は、資産管理やアプリケーションの稼働管理、プリントログの収集、ファイル配布など実現するネットワーク管理製品。サーバ監視や不正PC検知、ウェブアクセスの監視などオプションとして追加できる。

今回発売となる最新版では、マイクロソフトの「Silverlight 3」で開発された長期レポート機能があらたに搭載。5年間の長期ログ保存に対応したことで、長期間のリスク分析が可能になった。5年分のログから「期間」「部署」「37のアラーム」を条件に問題抽出することができる。

またvPro テクノロジー搭載端末に対応したほか、ファイル配布機能が強化された。価格は、10ライセンス込みの標準パッケージで39万4800円から。

(Security NEXT - 2009/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ