Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自然言語処理技術を応用したフィルタリングソフト「Tri-De」 - ジャストシステム

ジャストシステムは、独自の学習型フィルターを含む3種のフィルタリング機能を搭載したサーバ向けウェブフィルタリングソフト「Tri-De(トリデ)」を、10月30日より発売する。

同製品は、Windows Server上で動作し、クライアントPCによるウェブページの閲覧や書き込みを制限するフィルタリングソフト。「学習型フィルター」では、「Shuriken」で利用されている自然言語処理技術を応用。禁止単語の一致だけでなく、ページの記載内容を総合的に判断するため、未知の不適切なページへのアクセスも防ぐことができる。

また「URLフィルター」では、428カテゴリに分けられた最新のURLデータベースにもとづいてアクセスをブロック。管理者は柔軟なアクセス設定が可能なほか、ブラックリストやホワイトリストへURLを登録できる。

さらに「単語フィルター」では、ページ内のテキストを単語単位で解析して閲覧を制限するほか、書き込みの際には文章を解析し、問題があると判断された場合には送信を防止する。

ライセンス価格は、5台から25台利用時で9000円/台。台数によって料金が異なり、学校、官公庁向けの料金体系も用意されている。

(Security NEXT - 2009/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ